CRS株式会社は河川土木のエキスパートです。

防食補強パネル

防食補強パネル

腐食した既存港湾構造物の防食補強を行える製品

用途

  • ・既設港湾鋼構造物補強・補修工事
  • ・新設港湾鋼構造物建設工事

特徴

①パネル構造鉄筋を内蔵しているので、パネル自体が本体構造になります。
  • *パネルから伸びるループ鉄筋にてパネル同士の定着をより強固なものに仕上げました。
  • *パネルと鋼構造物を特殊な金具で取付し、より定着力を強化しました。
  • *パネルと鋼構造物の一体化を確実にするため、充填材を目視で確認できるように確認孔を設置しました。
②防食補強パネルは工期の短縮ができます。
  • *パネルにより、コンクリート打設後の養生や型枠脱型等を軽減し、施工性を向上しました。
  • *延長120mを施工するのに55日必要だった工期を、30日程度に約45%の短縮を実現できます。

施工実績

・27国補高潮対策磯浜海岸堤防嵩上工事(その2) 鋼管矢板被覆工 66.0m
・27国補高潮対策磯浜海岸堤防嵩上工事(その3) 鋼管矢板被覆工 67.7m
  • ・NETIS登録番号:KTK-100006-A(2016年10月掲載終了)
  • ・東京都港湾局新材料登録番号:23016
PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.